top of page

更新日:2022年12月18日

日本の伝統芸能のひとつ、能楽。

その中で、能のシテ(主役)や地謡(バックコーラス)を担当する「シテ方」最古の流儀が

金春(こんぱる) 流です。

古い様式を残し、素朴で雄渾な芸風は豊臣秀吉をはじめ、多くの武家に愛好されました。

そんな金春流の謡(歌と台詞に相当する部分)と

仕舞(能の見どころを抜き出した短い舞)を体験してみませんか。

声の出し方、身体の使い方から丁寧にお教えします。


能体験


▼謡稽古体験

所要時間:30分 – 2000円


能の中でも有名な「高砂」の一節を謡います。


▼仕舞稽古体験(30分)

所要時間:30分 – 2000円


扇の持ち方、能の基本姿勢である「カマエ」

能の歩法である「ハコビ」等を体験して頂きます。

※扇はお貸しします。白足袋をお持ちの方はご持参下さい。服装は自由です。


▼謡・仕舞体験

所要時間:1時間 – 3000円


謡と仕舞を両方体験できます。


 

能教室


▼個人稽古

月2回(月謝) 応相談 ・謡・仕舞8,000円  

・謡または仕舞のみ5,000円 ※学生・子供割引ございます。


稽古時の服装は、和装でも洋服に足袋でも結構です。

※グループレッスンも承ります。 ※白足袋と仕舞扇、謡本をご購入頂きます。


 

講師紹介


NAGOMIHOUSE能講師/能楽師:村岡 聖美

シテ方金春流能楽師 (公社)能楽協会会員 (公社)金春円満井会理事 み絲之會同人


1983年群馬県前橋市出身 國學院大學文学部日本文学科卒 80世宗家金春安明、山井綱雄に師事 平成14年 山井綱雄師に入門 平成17年 能「羽衣」にて初シテ 平成22年 能楽協会入会

現在までに「乱」「石橋」を披く


大学在学中にサークル活動を通じて能と出会い、卒業後に能楽師の道を志す。

國學院大學金春会師範代、藤嶺学園藤沢中学校能楽講座の非常勤講師を勤める他、 フランス(パリ)、アメリカ(ニューヨーク)、カナダ(バンクーバー、ビクトリア)などの 海外公演にも参加。


また、女性能楽師とジャワ舞踊家のグループ「大地の舞」を結成。 身体表現を比較するワークショップなどを開催している。


平成28年、同じシテ方金春流の女性能楽師柏崎真由子と林美佐とともに 女性を中心とした演能会「み絲之會」を発会。 女性の能の未来を模索し、技芸の向上に励んでいる。







閲覧数:44回0件のコメント

最新記事

すべて表示

水引

bottom of page